フードの味(鹿・猪・豚・バイソン・馬)

最近は、猫の健康にもいいということで、キャットフードにもいろいろな肉が使われるようになってきました。
よく目にするものをいくつか見てみましょう。
スタンダードな豚肉は脂身が多いということで、高カロリーな食材ですが、その脂身がうま味となって嗜好性が高くなっています。
健康的に気にはなっても、人の食用としても脂身が食欲をそそります。
豚肉には牛肉の10倍というビタミンB1が含まれており、糖質の代謝を促進し、エネルギーに変えてくれます。
疲労回復や肝機能のアップに効果的です。
ですから、猫の元気にも欠かせない優れた食材といえます。
鹿肉は、高タンパク低カロリー低脂肪の食材です。
タンパク質は牛肉や豚肉の約2倍、カロリーは約1/3、脂肪は約1/80といわれます。
カルシウムや鉄、亜鉛なども豊富なタンパク源で、低アレルゲンでもあり、食物アレルギー対応のフードに使用されています。
また、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸DHAも含む健康に優れた肉です。

猪は、野生の豚という印象がありますが、その肉は牛肉や豚肉よりも低カロリーです。
豚と同様に、疲労回復や皮膚の健康維持に有効なビタミンB群が豊富に含まれています。
りんごなどの果物や野菜、ハーブを加え、消化性を高めたグレインフリーのプレミアムフードが人気となっています。

一時期は絶滅の危機に瀕していたバイソンですが、今はその数も増え、ヘルシーな肉として注目を浴びています。
高タンパク低カロリー低脂肪の健康的な食材です。
牛肉や鶏肉よりも脂質やコレステロールが少なく、低アレルゲンの動物性タンパク質です。
グレインフリーのプレミアムフードなどに使われており、穀物アレルギーの猫にも適しています。

馬肉も栄養価の高いタンパク源としてキャットフードに使われています。
低脂肪低カロリーで、牛肉や豚肉よりも健康にいいといわれる鶏肉よりも、さらにヘルシーな食材です。
約20種類のアミノ酸やカルシウムや鉄分などのミネラル、ビタミン類も豊富に含んでいます。
肥満猫のダイエット食や、高齢猫・老猫のケアにも適しています。
また、低アレルゲンでもありますので、他のアレルギー対応食で改善できない場合に使ってみるのもいいでしょう。

健康にいいということで、いろいろな肉がキャットフードに使われるようになりましたが、人でもまれにしか口にしない食材です。
価格的にはかなり高額になりますので、必要に応じて、無理のない範囲で利用しましょう。