添加物で特に気をつけた方が良いもの

キャットフードに含まれる添加物は安全な範囲内での使用にはなっていますが、できるだけ入れて欲しくない添加物もあります。
プロピレングリコールは、犬用のおやつなどの半生タイプのキャットフードに保湿剤として使われています。
低量では毒性は低いものですが、猫にとっては赤血球を減少させる恐れがあるため、直接的な使用は禁止されています。
しかし、香料の基材として広く使われており、猫の健康を害しない微量に含まれる程度のものは規制されていません。

エトキシキンは抗酸化力の強い合成抗酸化剤です。
猫には皮膚病や臓器障害、発がん性も疑われる成分です。
日本では食品添加物としても農薬としても認められていませんが、海外では低価格で防腐力が強いことから資料の添加物として使われています。
乾燥した魚粉の船舶輸送では自然発化防止剤としての添加が国際規則で定められていますので、輸入した魚粉に含まれている可能性があります。
基準を越えない量であったとしても、愛猫には与えたくない成分です。
BHAとBHTも強い抗酸化作用を持っており、人の食品や化粧品の多くに使われています。
基準内で使用すれば安全なものでも、発がん性の懸念や染色体の変異がありますので、できるだけ避けたいものです。

グリシリジン・アンモニエートは、味噌や醤油に含まれていますが、用途は限られたもので、高ナトリウム血症や低カリウム血症などの懸念があります。
試験では肝臓や腎臓への変異も見られており、一日の摂取量を守っていれば安全とはいえ、気になる成分です。

亜硝酸ナトリウムは、ハムやベーコン、いくら、すじこなど多くの食品の酸化防止剤、発色剤として使われています。
低濃度の亜硝酸ナトリウム自体の毒性は低いものですが、原料肉内のアミンと反応して発がん性物質ニトロソアミンを生成します。
没食子酸プロピルは、バターやマーガリンなどの油脂類に含まれる強力な酸化防止剤です。
高濃度では肝臓や腎臓へのダメージ、発がん性の懸念があるといわれています。

赤色着色料は、かまぼこや漬物の着色に使われていますが、海外では発がん性・アレルギー・ADHDとの関連が疑われており、使用禁止になっているものもあります。
私たちの食卓でなじみ深いものですが、キャットフードに使用の歴史が浅いため注意したい添加物の一つです。

厳しい試験を経て、摂取量の基準を設けることで、それぞれの添加物の安全性は確保されています。
しかし、安全なのもでも、複合的に使用することでの相互作用も気になるものです。