猫の好みに合わせたキャットフードの選び方

猫の好みに合わせてキャットフードを選ぼうとすると、一つのフードを食べなくなったら、別のフードを選ぶということになります。
猫の気まぐれに合わせていたら、健康管理もできなくなり、体調を崩したり病気になったりした時の食事の管理もできません。
ですから、猫の好みに合わせたキャットフードを選びというよりも、猫が選ばなくてもいいようなキャットフード選び、与え方が大切です。

猫の年齢や体調に合わせたキャットフードを選んだら、そのフードを与えます。
キャットフードの切り替えは、新旧のフードの割合を徐々に変え、1~2週間ほどかけて変えるようにしてください。
キャットフードの切り替え方はこちらのサイトでも詳しく解説されていますのでご覧ください。
与えたキャットフードを食べないようであれば、30分ほどでトレイを下げます。
体調に問題がなければ、2~3日続けます。
これで大体は食べてくれます。
ただし、3日が限度になります。
猫が3日何も食べないと脂肪肝になる恐れがあります。

もし、食べないようであれば、嗜好性の高いフードをトッピング、または混ぜます。
ドライフードでもウェットフードでも構いません。
一旦食べると、トッピングがなくても食べます。
常にトッピングするのではなく、必要に応じてすることが大切です。
常時トッピングするのであれば、フードを変えた意味もなく、次にはもっと美味しいものが出てくると期待させますので、逆効果になります。

トッピングや混ぜたりするフードも同じものを使うのではなく、いろいろなフードを利用します。
基本的なフードにバリエーションを与えることで、猫の偏食もなくなります。
また、選んだ基本的なフードの栄養分も活きてきます。
猫の年齢に合わせてフードを変えるときも簡単にできるようになります。
療法食を与えなければならないという際も、難しくはありません。
猫の好みに合わせてキャットフードを選んだ場合、そのフードの成分が変わったり、販売が中止された場合、食べてくれるフードを探すことは大変なことです。
ドライフードばかり食べていた猫は、嗜好性が高くてもウェットフードを食べようとしません。
ウェットフードばかり食べていた猫に、ドライフードを食べさせるのも難しいものです。
健康面からも将来的なケアの面からも、飼い主が何でも食べられるようにしてあげることが大切です。